キャッシングの返済方法を解説します

キャッシングの返済方法は、本来は融資を受けた翌月に、融資金額に利息を付けた金額を一括返済することが基本です。
しかし、最近では返済方法が一括返済だけと言ったキャッシングは、少数派になって来ています。
キャッシングを取り扱っている大半の金融機関では、一括返済の他にも、リボルビング返済や、分割払い等の返済方法をとりいれています。
銀行カードローンで主婦が借りるには返済方法や利息の計算が載っているのでわからないことは事前に調べておくと安心です。
リボルビング返済とは、キャッシングによって借り入れた借入残高に関わらず、あらかじめ毎月の支払金額を固定化して返済する方式です。

そのため、借入残高によって返済回数が変わってきてしまいます。
利用限度額の範囲内であれば、いくら借り入れようとも毎月一定額のお金しか返済しなくてよいのですが、借りれば借りるほど返済期間が延びてしまいますから、利息負担も大きくなってしまいます。
分割払いには、元金均等方式と元利均等方式と言う二種類の方式があります。
元利均等方式は、借り入れた金額を返済回数で割った金額に毎月の利息を加えて、その合計を毎月金融機関に支払うという方式です。
元利均等方式は、毎月支払う利息は、借入残高に対して発生する利息なので、借入残高が減れば利息も減っていくことになりますので、返済が進むにつれて毎月の支払額が少なくなっていくのが特徴です。
これに対して元利均等方式では、元金返済分と利息分を一定に設定して返済していく方法です。

そのため、毎月の支払金額が一定になるので、返済の計画が立てやすくなるのが特徴です。
但し、元金返済分と利息分は、借入残高によって変動していくために、毎月の返済額は一定であっても、その内訳である元金分と利息分は毎月変化していきます。
分割払いでは、ボーナス時などのお金に余裕があるときには、いつでも臨時に借入残高をまとめて支払うことができるまとめ払いと言う返済方法もあります。
これは、いつでも繰り上げ返済ができるようにシステム化したものです。
このまとめ払いは、分割払いにおける臨時返済手段として用いられるものであり、まとめ払い単独で取り扱っている金融機関はありません。